警察からの出頭要請について

警察からの出頭要請は、任意であって強制ではありません。落ち着いて対応してください。もっとも、応じないと逮捕される危険もあり、冷静な判断が求められます。

出頭要請に対する対応
警察は、あなたを犯人でないかと疑ったとしても、相当な証拠がなければ逮捕令状を得ることができず、 あなたの協力なしでは取り調べられません。つまり法律上、出頭は拒否できます。しかし出頭拒否が重なると、 その拒否事実をもって嫌疑が高まったとして結局令状を得て逮捕ということになりかねません。従って、 あなたとしては取り調べに応じて、事件とは無関係であることを説明する方が得策と考えます。 もちろん、仕事などで都合がつかないときはその旨を説明し、こちらの都合に合わせてもらうようにしてください。
出頭に応じた際の注意事項
取り調べについてですが、あなたには黙秘権がありますので言いたくないことは言う必要がありません。 しかし、警察はあなたに疑いを持っているので、早期に疑いを晴らさないと何度も取り調べを求めてくる可能性もあります。 そこで、警察に対して自分は無関係であることを説明する方が良い場合が多いと思われます。 警察はあなたの説明を調書化しますが、その内容が説明と合致するかしっかり確認した上で署名してください。 ただし、あなたはあくまで法律の素人ですので、警察から出頭依頼が来た時点で弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士への相談のメリット
通常、被疑者がいきなり逮捕されることは、稀であり、在宅のまま任意の取調が行われます。 しかし、この任意の取調中に、不利な調書が作成されてしまうことが多々見受けられます。 従って、取調開始当初より、弁護士のアドバイスが重要となります。 賀川法律事務所では、取調の受け方、黙秘権行使の方法などについて、アドバイスを行います。