交通事故

交通事故事件

  • 交通事故は、被害者のご負担も当然ですが、加害者にとっても不幸な事件です。 交通事故は、過失割合、休業損害、後遺症、逸失利益など、複雑な法律的判断が必要な場合が多く、多様な立証活動が要求されることも多々あります。 そのため、事故現場の検証、場合によっては、現場の測量、目撃者からの聞き込み、医師などの専門家の協力が重要です。 賀川法律事務所は、弁護士による現場検証はもちろんのこと、協力医の照会ルート、 土地家屋調査士による測量なども行うことが可能です。 また、賀川法律事務所は、自動車衝突事故の研修会、後遺症の研修会などの各種研修会に参加しています。 そのため、豊富な知識、経験を有し、最新の理論に精通しています。
  • 交通事故において、被害者の方がご不幸にも死亡された場合、加害者が刑事罰を受けることが多々見られます。このような場合、警察や検察からの出頭要請がありましたら、出頭する前に一度弁護士に相談されることをお勧めします。保険会社は、民事事件の示談交渉等は行ってくれますが、刑事事件についてまで関与してくれるわけではありません。弁護士に相談することにより、今後の見通しを判断することもできます。事案にもよりますが、起訴されずに猶予処分で終わるかもしれません。現在、自分がどのような状況に置かれているのか、このまま進むとどのようになるのか、不安・疑問がございましたら、賀川法律事務所までご連絡ください。親切・丁寧・迅速な対応をお約束します。
  • 交通事故について知りたい方は、交通事故事件って何?交通事故を起こしてしまったらの各ページをご覧ください。
  • 交通事故における損害論の一部として、後遺障害認定があります。詳細は、交通事故後遺障害認定とはをご参照ください。
  • 自動車の任意保険における弁護士費用特約については、こちらをご参照ください。