紛争の予防策

賀川法律事務所では、紛争の予防策も提供しております。避けられる紛争は、未然に防ぎましょう。

予防策の例
  • 大きな手術の際、同意書締結に弁護士が立会うと・・・

  • 医療側も慎重になり、手続きを厳格に遵守しますし、説明が不十分であった点についてその場で医療側に説明を求めることができます。 万が一、医療過誤が生じた場合も迅速に訴訟の提起が可能になります。
  • 弁護士が個人の売買契約や請負契約、不動産賃貸借契約の契約書を事前にチェックすると・・・

  • 賃貸借契約においては、宅地建物取引業者が仲介しますが、必ずしも中立の立場ではありません。個人に不利な条項があることもままあります。 また、不確定な事項(例えば原状回復の程度等)についても、明確にすることができます。